バーチャルオフィスは新しくビジネスを始める人の強い味方

デスクと椅子

バーチャルオフィスならすぐにでも開業できる

OKサインの女性

新しくビジネスを始める場合、いろいろな準備をしなければいけないものですが、バーチャルオフィスを活用すれば、そのような手間も省けます。多くの場合、まずはビジネスの拠点となるオフィスを探し、賃貸契約を結ぶ必要がありますが、バーチャルオフィスなら都会の一等地の住所を貸し出してもらえ、なおかつ法人登記も可能です。クライアントや顧客と取引をする際に、やはり都会の住所の方が信頼性が高く、ビジネスをスムーズに進めやすいというメリットがあります。
また、起業をしたてのころは、自宅やプライベートな場所をオフィスとして併用する場合がありますが、そうなると個人情報の漏洩やプライバシー面で不安が生じる場合もあるでしょう。バーチャルオフィスを活用すれば、自宅の住所を公開することは避けられますし、郵便物や電話の転送サービスも行ってくれるので安心です。ビジネスを進めていくにはさまざまな人と会って話をする必要が出てきますが、その場所に困っているというフリーランスの方は、案外多いものです。バーチャルオフィスのサービス内容によっては、会議やセミナーなどのために専用の部屋を貸し出してもらえる所があるので、ぜひ合わせて活用してください。

今こそ注目されるバーチャルオフィス

数年前から在宅ワークという言葉が世に出回り、多くの会社が採用を始めていました。そんな中、今年に入って在宅ワークはより身近なものになりました。しかし、在宅ワークを採用している会社はもちろんオフィスを構えています。一方2006年頃から広まりだしたバーチャルオフィスは物理的なオフィスはありません。ホームページやその他書類に書ける住所が与えられ、基本的には在宅ワークという形態をとります。もちろん住所があれば、書類が会社宛てに送られてくることもあるでしょう。バーチャルオフィスは転送サービスがあるため、心配する必要はありませんし、顧客と対面で打ち合わせしたいときは会議室の貸し出しも行っており、必要な時に必要な分だけ利用すればいいのです。
都会で小型のオフィスを借りればリース代はばかになりません。これだけテレワークなどによる仕事が一般的になってくると、従来のようにオフィスがある会社は信頼できるという固定観念は無くなり、在宅ワークやバーチャルオフィスを採用している会社の方が、最新技術を駆使している会社として信頼度が増すのではないでしょうか。これからも時代は目まぐるしく変化をしていきます。何があっても適応できるように今のうちから準備を始めておくことが重要になるでしょう。

個人事業主の方におすすめのバーチャルオフィス

自宅をオフィスとして毎日お仕事をされている個人事業主の方は多いと思います。自宅でお仕事ができるのであれば、通勤に時間を取られなくて済みますし、交通費が掛かるということもなく非常に効率的なように思えます。しかし、実際に自宅をオフィスにしてみると不便や不安を感じる個人事業主の方が多いのも確かです。何かビジネスや事業を展開するためには、顧客やクライアントと密に連絡を取り合っていかなければなりません。
時には、実際に顔を合わせて話し込む必要もあることでしょう。そのような場合、自宅をオフィスや代表の連絡先として公開をしているとさまざまな不安が生じやすいことも確かです。個人宅の住所や電話番号が不特定多数の人に知られてしまうことは、このご時世、大きな不安を伴うことでしょう。また、時に直接クライアントなどとお会いして話し合いの場を設けたいと思ったとしても、自宅を提供するのは気が引ける、と考えてしまう人は多いのではないでしょうか。
そのような方におすすめなのが、バーチャルオフィスの活用です。バーチャルオフィスは、事業活動を行っていくための住所や電話番号、そして時に会議室などを貸してもらえるサービスです。月額定額制で、オフィスを賃貸するよりもはるかに安価で利用できますので、ぜひ個人事業主の方は、バーチャルオフィスの利用を検討してみてください。

これからバーチャルオフィスの利用を考えているなら【ユナイテッドオフィス】をおすすめします。都会の一等地の住所を使うことができ、さらに法人登記も可能なので、余計な出費をせずに起業できます。